FC2ブログ

風が吹くほうへ

厨二病の吐き捨て場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

real world

薄く霧のかかった公園 男の子が泣いている

声をかけたけど 届いてないようだ





彼の涙は止まることなく 乾いた砂を濡らしてく

"何かが無い"と言ってる どうやら何か失くしたらしい

止せばいいのに僕は それを探し始める

ただこの体を動かすのは 諦めてほしくない気持ち

逃げるのはいつでもできるけど 闘うのは今しかない


おかしいな 泣き声が二つになった

彼の声に重ねるように

泣いているのは




Good-bye to my light wish  永く止まりすぎた

怖がってただ見てれば 炎は消えるものだね

どんな形でも 時計の針は進むこと

忘れたわけじゃなかった

だから

Good-bye to world of pleasure 遠い光の彼方

記憶に残すことも無い 追い付けない想いなら

記録には残るだろう 何の意味も持たない

せめて未来では

二人がそれぞれ 笑っていられますように

Even if it is solitary





行こうか 今までに背を向けて

歩こうか 弱音が消えるまで

最後に叫ぶよ

It wishes reunion
スポンサーサイト
  1. 2007/05/30(水) 17:33:44|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

daily to return

届いて欲しい想いが 背中を後押しするように

この世界を 繋ぎ止めてくれる

「行かないで」と泣き付く君に かつての自分を重ねては

僕がされたコトを 連鎖させてしまう

繋がれる価値も分からない ここにいる意味すら知らない

ただ君に赦されたくて ただ戻りたかった
 

 

 

 

 

滞る気持ちが 空回りし始めて

距離を狂わせてしまう

「行かないで」声にならない君を 冷たく堅く拒絶した

未だ残る孤独にに身を委ねてしまう

疲れたコトに気付かない 消えた吐息に耳を寄せる

ただ君を赦してあげたくて 全て終わらせたかった

 

 

 

 

 

 

 

時は流れ いつか見た光景を繰り返す

いつかと違うのはそう 立つ場所が逆なだけ

でも

「行かないで」と泣き付く僕に 君は笑顔を向けてくれた

「これからは2人で分けて行こうね 嬉しさも哀しさも孤独も」

お互いを赦しあった 罪など見えないくらいに
  1. 2007/05/26(土) 04:11:50|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

deception

何が欲しい? 何を捨てる?

色んな物を詰め込んだ鞄 それ以上に何が入るの

重さに負けて 地面を引きずりながらも

一つも手放そうとしない それで何処まで行けるの


何度も中身を確認して 要らない物 捨てようとする

幾度もの夜を越えても 鞄の中は 一杯のまま



あと何回繰り返せば この肩は軽くなるのかな


僕らは

ありがとうと さよならを

いくつ口にすれば自由になれる? 

大丈夫と 頑張ろうで

いつまで誤魔化せば楽になる?

その連鎖の中で嫌になって 諦めようとする

それでも僕らは 歩かないといけないらしい

例え言葉が尽きようと

例え世界が朽ちようと

重い想いに縛られながら あの光が見える方へ



その輝きが 夢幻だったとしても
  1. 2007/05/07(月) 23:56:19|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

shout of crybaby

滴る雫 暗がりの下で

流るる滴 黒を染める

澄み渡る蒼 広がる白と

枯れる芽を 見守る眼

遥か彼方の記憶に残る 笑顔の裏に

刻み込まれた傷跡は 辛い時に顔を出す

 

 

貴方は癒えない傷を見て 言えない弱音を握り締める

 

 

 

まだ怖いよね 苦しいよね

大丈夫 貴方はそのままで

落ちた涙は地面に染みて 崩れない足場になる

だから前だけを見て 貴方はもう立てる

歩いていける ここまでおいで

確かに聞こえる 生きる鼓動

怖がる事はない 魔法の言葉

"大丈夫"

  1. 2007/05/03(木) 01:59:49|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼方からのエール

目の前で一つ 灯が消え

護れなかったと嘆く人

眼に映る全ての景色 薄れていく風の香り

傲慢な考えだと また一つ悔やんで

新たな旅路を行く 何処へ逃げるつもりなの

紅い炎は弱々しく 碧い風は凛々しく

まだ終われないよ 問いの答えはすぐそこに

 

 

旅人が見つけた答えは 自分自身の名前と存在

当たり前に近く 嘘のように遠い事実

業を背負い歩く道の先には 果てなく続く新たな道

行かなきゃね まだ炎は揺れているんだから

 

 

 

 

目の前で一つ 扉が閉まり

還れなかったと呟く人
頭に残る全てのメモリー 流れる近く遠い場所

また間違えたって 改めて理解し

新たな道を歩く いつまで誤魔化すつもりなの

旅人が見つけた答えは 自分自身の名前と存在

当たり前に在って 嘘のように無くす事実

涙を抱え歩く道の先には 果てなく続く新たな道

行かなきゃね まだ僕らは生きてるんだから

終わらない夜に 夢を浮かべて

終わらない歌を 歌おうか

響け 葬送たる歌声よ

届け 爛漫たる言霊よ

灯を失った旅人が 栄光を掴む礎となれ
  1. 2007/05/02(水) 01:27:59|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

bell

光を失った世界 何処かで鈴が落ちる音

何も見えない ただ暗闇で

身体はゆっくり 無に溶けていく

ここは何処 僕は何 光は無い 僕は何処

ねえせめて 最期に鈴の音を

 

今まで紡いだ言霊が 黒く染まるその前に

もう一度だけ叫びたい 僕はここだよ

今まで繋いだ世界を 忘れてしまうその前に
もう一つだけ掴みたい 光はそこだよ

流れる時の中 想い浮かべる台詞

"強くなりたい"
 
 

 

 

 

"助けて"と叫ぶ姿を 見殺しにして

それでもまだ生きようとする

僕は今時の狭間 望むのは

"強くありたい"
  1. 2007/05/01(火) 02:49:05|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

わんわんお!(U^ω^)

Author:わんわんお!(U^ω^)
言葉の物置

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。