風が吹くほうへ

厨二病の吐き捨て場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親愛なる貴方へ

舞い落ちた花びらは 何処へ消えたの?

「さようなら」 は切な過ぎて
「ありがとう」 は儚な過ぎて

何を言えばいい? 何を伝えれば?
気付けば景色は暗く染まり 前も見渡せない程だった

この道を照らす街灯は どこまでも続いているのだと
信じて止まなかった 幼い頃の自分

いつかは誰もいなくなること いつかは一人になること
知ってたはずなのにな

大人になれない幼い私の泣き声が 世界中に響いている気がした




「また会えたらね」 夢の中で聴こえた
現実に戻された私

「もう会えないのにね」 小さく笑った
届かないはずの貴方の唄 文字にならない私の気持ち

「会いたいよ」 すべての想いを詰め込んだ
そっちに向けて 届け届けと泣きながら

「会いたいよ」



誰もいない公園で 泣きじゃくる幼い私の姿
今と何も変わってない そう涙が語っていた

一筋の光が差した 見えなかった道が一瞬見えた
そして届いた貴方の声 懐かしくて愛おしいその面影

「ありがとう」 「さようなら」
伝えようと思ったこと 伝えられなかったこと

幼い私を ようやく笑わせてくれた


「また会えたらね」 夢の中で聴こえた
現実に戻される私

「また会おうね」 小さく笑った
確かに届いた貴方の唄 言葉にできた私の気持ち

「ありがとう」 すべての想いを詰め込んだ
貴方に向けて 届け届けと願いながら

「ありがとう」 「ありがとう」

[親愛なる貴方へ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/02/27(水) 00:59:45|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風が吹くほうへ

まだ来ない 迎えの電車と君へ

終着の駅から願うよ ここには来ませんように

僕は君が望むものを 何一つ持ってない

でも僕が望むものは 全て持っていた君だから

隣に居れたことが幸せだったんだ




大切なものは失って始めて気付く なんてよく聴く言葉で

失わなくても 解ってる なんて思ってたけど

やっぱり何も解ってなかった ここまで大切だったなんて

今更遅いんだけどね ごめんね






会いたいよ だけどそれはもう

叶わない夢になったから

実現しないように 願わない事にするよ

会えないよ これから先二度と

だからもう 忘れてください

せめて君の涙とか 全部含めて持っていくよ

それじゃ またね




さようなら 元気でいてね

ありがとう 泣かないでね










やっと来た 迎えの電車と君へ

終着の駅から歌うよ その歩む道に幸あれ



いつか来る 別れの刹那と全ての人へ

涙は見せるな 前を向いて

消えた人の分も 思い出を紡ぎながら

一歩ずつでもいい 遅くてもいい

歩いてください

そう 風が吹くほうへ
[風が吹くほうへ]の続きを読む
  1. 2008/02/19(火) 03:06:04|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

わんわんお!(U^ω^)

Author:わんわんお!(U^ω^)
言葉の物置

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。