FC2ブログ

風が吹くほうへ

厨二病の吐き捨て場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕はどこで生きるんだろう そんなことも分かんなくなった
どんな場所でもいいさなんて 作った物語の中だけで
どこで生きればいいのか それが僕の最初の使命

いろんな所を周ってみても それぞれ作った壁があって
それは壊せない程に硬くて みんな自分の部屋を持ってる
大丈夫どこでも生きていけるさ そう言って出発点を飛び出した
見つかる保証なんてどこにも無かった それでも大丈夫って思っていた

絵本でみた景色は 限りなく澄んでいて
悲しいことももちろんあるけど 誰も笑顔を絶やさなかった
誰かに優しくするなんてこと 当たり前の所だった
現実はそうじゃないと知って 本当にすごく悲しかった
助けられないことじゃない あの世界が嘘だってことが


僕はどこで生きるんだろう こんなこと分かるわけなくて
どんな場所でもいいよなんて 狭い物語の中だけで
どこで生きればいいのか 結局これが最後の使命


小さな命が頑張っている 誰にも頼らず立っている
それは壊したい程儚くて 守りたいくらい愛おしかった
大丈夫かい今助けるからね そんな言葉もかけられないで
気付かれないまま終わるんだろうな そう思いながら遠ざけた

絵本でみた世界じゃ これからあの命は
誰かに見つかって美談になる 皆の笑顔の種となる
できる限りはしてあげるなんて 言われなくても知っていた
現実はそうじゃないってこと いい加減もう慣れてしまった
平気で見捨てることや あの景色が偽者ってことも
 

僕はどうして生きるんだろう 何にも無いこんな所で
どんな場所でもいいさなんて いつからか諦めに変わって
ずっと泣いている僕を みんなみんな置き去りにする

僕はどうして叫ぶんだろう 誰も聞いてくれないくせに
求めてる答えなんてきっと 与えてはくれないんだ
叫び続ける僕に 少しずつ気付き始める
スポンサーサイト
  1. 2009/01/09(金) 23:29:08|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕は止まり木にしかなれない 
せめて貴方が明日 いつもの笑顔でいられますように

長い夜を越えた その度にまた
新しい1歩を踏み出す
長い距離歩いた その旅にまた
新しい記憶が光りだす

動けない僕は君の 疲れた肩を包む
それしかできないけど
動いてる君は僕に お疲れ様なんて
本気で言ってるんだ

いつも誰かに手を引いてもらって
少しずつ動いていた僕はいつか
頑なに光を拒んだのだろう
誰かの力で歩いていた僕はいつか
言い訳を必死で考えたんだろう

いつも羨む誰かを探し続けた
自分で歩いていた人にいつか
怪我でもしろよって思ってたんだ
誰かの真似事で歩いてく僕はいつも
広がる時代を閉じ込めていた

いつも愚図る僕の腕を引くのは
みじめな程細く弱い手のひらで
優しく笑う君だけだったんだ
大丈夫大丈夫と呟くその魔法がいつも
この根っこを切り裂いてく

それが嬉しくて
悲しくて
嬉しくて
  1. 2009/01/07(水) 01:05:50|
  2. 吐きだめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

わんわんお!(U^ω^)

Author:わんわんお!(U^ω^)
言葉の物置

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。